「嘆きと悲しみは逃げ去る」

「嘆きと悲しみは逃げ去る」

聖書 マタイによる福音書 9:27-34、イザヤ書 35:5-10、詩編40

2017年 5月 14日 礼拝、小岩教会 

 

【憐れみを必要としていた二人の人】

悲鳴にも似た叫び声を上げながら、2人の人が、 

イエス様のもとに近づいて来ました。 

彼らが抱えていた問題とは、目が見えないことでした。 

生まれつきだったのか、それとも、何らかの事故や病気が原因だったのか、 

彼らが目が見えない、詳しい理由はわかりません。 

どのような理由で、目が見えなくなったにせよ、 

私たちが思う以上に、彼らは困難を抱えていたと思います。 

イエス様の生きた、今から2,000年ほど前の時代は、 

現代のように、点字ブロックが道に敷かれてはいませんでしたし、 

目が見えない人の生活のために必要な配慮は、

それほど多くはなされていませんでした。

ユダヤの律法に「目の見えぬ者の前に 

障害物を置いてはならない」(レビ19:14)とあるように、 

目が見えない人たちを保護し、助けることは、神の命令でした。

しかし、どれだけ、この言葉は守られていたのでしょうか。

実際、目が見えないことが原因で、 

仕事にも就けず、誰の助けも得られずにいたため、 

物乞いをして、何とか生活を続けていた人たちが、

この時代には何人もいました。

生活上の困難に加えて、彼らは多くの苦しみを、その心に負っていました。

「なぜ自分は目が見えないでいるのだろうか。

これは、神から与えられた罰なのではないだろうか。

一体、自分の何が悪かったのだろうか」と。

これらの疑問に答えてくれる人は誰もいませんでした。

いや、このようなことを誰かに尋ねることは、とても勇気のいることです。

もしも誰かに尋ねた結果、「お前が神に愛されていない、

罪人であるからだ」などと言われたならば、もう立ち直れません。

ですから、目が見えない人々の多くは口を閉ざし、

今の自分が置かれている現状を、ただ受け止める他なかったのです。

そこには、将来への希望や、喜びなど、全くありません。

だから、彼らには憐れみが必要でした。

愛をもって自分に向かって伸ばされる、温かく、優しい手が必要でした。

失望し、悲しみで溢れている、彼らが置かれている今のこの状況に、

目を注ぎ、心からの憐れみの言葉を掛けられることが、彼らには必要でした。

でも、何処にそのような人がいるのでしょうか。

中には助けてくれる人もいましたが、多くの場合、

それは一時的な助けに過ぎませんでした。

そして、彼らの耳にいつも聞こえていたのは、

彼らの目の前を人々が通り過ぎていく足音でした。

まるで、自分の存在そのものを否定されているような経験を、

彼らは日常的に、繰り返し、繰り返し、経験していたのです。

 

【主イエスとの出会い】

そのような日常がこれからも続くように思えた、あるとき、

彼らはある噂を人々が語り合っているのを耳にしました。

「イエスという名の人が、素晴らしい教えを語り、

病人を癒し、悪霊を追い払っている。

その上、彼はさきほど、病気で死んでしまった

あの家の少女を、生き返らせてしまった。

彼こそが、私たちが待ち望んでいた救い主かもしれない」と。

この噂を聞いた彼らは、イエス様がいると噂されている場所を目指しました。

「イエスという男のもとに行けば、

自分たちのこの目を見えるようにしてくれるかもしれない。

死んだ少女を生き返らせるほどの力を持っているのだから」。

近くにいる人たちに何度も、何度も尋ねて、

彼らはイエス様を見つけ出し、叫びながら彼について行きました。

拒絶される可能性もあると考えたでしょうが、

彼らは勇気を振り絞って、イエス様に向かって叫び続けたのです。

 

「ダビデの子よ、わたしたちを憐れんでください」(マタイ9:27)。 

 

彼らの叫び声を聞いたイエス様は、この二人の人たちに尋ねました。

 

「わたしにできると信じるのか」(マタイ9:28)

 

ふたりは、すぐさま「はい、主よ」と答えましたが、

イエス様は彼らの信仰を試すために、このように尋ねたのではありません。

彼らが、イエス様に対して抱いている信仰が、

真実なものであるという確信に至らせるために、

イエス様は彼らに問い掛けたのです。

そして、イエス様は彼らの目に触れて、

「あなたがたの信じているとおりになるように」(マタイ9:29)

と言って、彼らの目を見えるようにしてくださいました。

それは、彼らにとって、根本的な問題の解決でした。

目が見えないことによって経験した、様々な苦しみ、

心で抱え続けた、嘆きや悲しみさえも過ぎ去り、

彼らは癒やされ、その心には喜びが訪れたのです。

その喜びは、イエス様から「このことは、

だれにも知らせてはいけない」(マタイ9:30)と厳しく命じられても、

押さえきれず、周囲の人々に伝えずにはいられないほどのものだったのです。

 

【嘆きと悲しみは逃げ去る】 

この出来事は、預言者イザヤが

 

「そのとき、見えない人の目が開き 

聞こえない人の耳が開く。 

そのとき 

歩けなかった人が鹿のように躍り上がる。 

口の利けなかった人が喜び歌う」(イザヤ35:5-6) 

 

と語った預言の言葉が、イエス様を通して実現したことを、

世に宣言するような出来事でした。

目の見えない二人の人の目が開かれたことを通して、

神が愛をもって支配される、希望に満ちた時代が

私たちのもとに訪れたことが、明らかにされたのです。

そして、イザヤは、イザヤ書35章に記されている預言を、

希望に満ちた言葉で結んでいます。

 

主に贖われた人々は帰って来る。 

とこしえの喜びを先頭に立てて 

喜び歌いつつシオンに帰り着く。 

喜びと楽しみが彼らを迎え 

嘆きと悲しみは逃げ去る。(イザヤ35:10) 

 

まさに、イエス様によって、二人の人が癒やされたそのとき、

彼らの嘆きと悲しみは逃げ去って行きました。

毎日の生活における困難はなくなりました。

憐れみを求めているのに、無視され、

人々の足音だけが虚しく響き渡ることもなくなりました。

目が見えないという理由で、周りの人たちから、

「あの人は罪人だ」と後ろ指を指されることも、もうありません。

イエス様の手が伸ばされ、神が自分を癒してくださったことによって、

嘆きと悲しみは逃げ去って行き、

喜びと楽しみが彼らを迎えたのです。

まさに、イザヤが預言したとおりの出来事が、彼らのうちに起こったのです。

 

【主イエスにあってすべての人に与えられている希望】

この目が見えない二人の人たちの上に起こった出来事は、

彼らだけに意味のある出来事だったのでしょうか。

そうではありません。

私たち一人ひとりにとっても、意味のある出来事です。

形は違えど、私たちも、この二人の人と同じように、

日々の暮らしの中で、嘆きや悲しみを抱えています。

自分の力では解決することが難しい出来事に翻弄され、

誰かの助けや、何らかの打開策を私たちは必要としています。

でも、嘆きや悲しみに囚われるとき、

どうして良いのかわからないのです。

いや、そもそも、嘆きや悲しみを、

私たちが自分自身の努力や能力によって追い出すことは、決して出来ません。

だから、「主よ、憐れんでください」と、私たちは神に祈り求めます。

でも、嘆きや悲しみの時間があまりにも長い時、

それらのもつ力に押し流されて、

神に向かって声を上げることさえ諦めてしまうのが、

私たちが抱えている現実です。

そんな私たちの現実に向かって、預言者イザヤは宣言しているのです。

 

喜びと楽しみが彼らを迎え 

嘆きと悲しみは逃げ去る。(イザヤ35:10)

 

嘆きと悲しみは、逃げ去っていく。

これが、神が私たちに与えられた約束の言葉です。

この約束の言葉は、イエス・キリストを通して、

私たち一人ひとりにとっての希望となりました。

イエス様は、十字架にかけられることを通して、

私たちに罪の赦しを与えてくださいました。

「もう、罪悪感に押しつぶされる必要などない。

私があなたを愛し、あなたの罪を背負ったのだから、

あなたの罪は既に赦されているのだ」と、

イエス様は語り掛けてくださっているのです。

そして、イエス様は十字架の上で死んで、葬られた後、

3日目によみがえり、復活の希望を私たちに示してくださいました。

死を前にして、私たちは落胆するしかありません。

しかし、死の先に復活の命があることを示すことを通して、

イエス様は私たちに、将来への希望を与えてくださったのです。

命に溢れる、喜びの日が私たちには訪れるのだ、と

これが、イエス様を通して、私たちに与えられている希望です。

 

【「あなたがたの信じているとおりになるように」】

「でも、今は、嘆きも悲しみも側近くにあり、涙を流すしかありません」。

そのようにしか言えないときは、私たちの人生の中で、実際に何度もあります。

悲しむべきことを悲しみ、

嘆くべきことを嘆くことは、とても大切なことです。

しかし、私たちには希望の言葉が与えられていることを、

その嘆きや悲しみによって、忘れ去ってしまうことがあってはいけません。

その約束とは、将来、必ず、嘆きと悲しみが過ぎ去っていくという約束です。

聖書の最後の書簡である、ヨハネの黙示録にこのような言葉があります。

 

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」(黙示録21:3-4)

 

これが、将来必ず起こる希望の現実であると、黙示録の著者は語っています。

私たちの目の涙は拭い取られ、

もはや死もなく、悲しみも、嘆きも、労苦もない。

そこにあるのは、神と共にいる、喜びと平安です。

主イエスにあって、嘆きも悲しみも過ぎ去ります。

ですから、イエス様は確信をもって、私たちにいつも語りかけておられます。

「わたしにできると信じるのか」(マタイ9:28)と。

そして、イエス様は、私たちを励まし続けてくださっているのです。

「あなたがたの信じているとおりになるように」(マタイ9:29)。

そして、その希望の日が来るまでの間、私たちは互いに励まし合いながら、

共に歩んで行きましょう。

嘆きが悲しみに押し流されそうなときにこそ、

私たちは「主イエスにこそ希望がある」ことをいつも、共に思い起こして、

今のこの時代にあって、嘆きや悲しみと向き合って行きましょう。

嘆きと悲しみが神の業によって逃げ去っていくその日まで。